2016年12月03日

じんけん作品・パネル展


こんにちは、学校教育部担当理事の服部です。

今回は、「じんけん作品・パネル展」についてお知らせします。
教育委員会ではじんけん作品事業として、毎年、市内の小学生、中学生を対象に「じんけん作品」を募集します。


 「じんけん作品」は、人権や平和の大切さをテーマとした作品の制作を通じて、子どもたちが
人権について考える機会を持つことで、一人ひとりの心に高い人権意識を培うことを目的として
実施しています。
今年も各学校での取り組みにより、10,000点を超える作品の応募がありました。

その中から、入賞として選ばれた作品を展示しています。


IMG_4587.jpg


児童、生徒たちが、日々の生活を通して気がついた、人と人とのつながりの大切さ、

社会にある人権問題、平和の尊さなどについて制作した作品をご覧いただき、

人権を尊重するまちづくりをともに進めていきましょう。


 IMG_4588.jpg

じんけん作品・パネル展
△日時/12月3日(土)から12月9日(金)まで
      午前10時から午後5時まで
      ※最終日の9日は午後2時まで
△場所/メイシアター展示室
△費用/無料
人権平和室による人権啓発パネル展「障がい者差別の解消」も併せて展示しています。

12月7日(水)、8日(木)は、子どもたちの人権芸術展を開催します。
市内の小学生、中学生、幼稚園児が演劇、合唱、合奏などで人権や平和の大切さを訴えます。
△日時/12月7日(水)、8日(木)
      いずれも、午後0時50分開場、午後1時10分開演 午後3時30分終了予定
△場所/メイシアター中ホール
△費用/無料
△参加する学校など                        
  【舞台発表】                               
    12月7日出演                       
      片山中学校基礎教室、吹田第一幼稚園、岸部第一小学校5年生、
      豊津中学校演劇部、ぷくぷくの会          
    12月8日出演
      吹田第一小学校わかば学級、吹田第三幼稚園、岸部第二小学校1年生、
      津雲台小学校2年生、古江台小学校5年生、片山小学校ダンスクラブ、  
      遊ゆうかぼちゃのお家
  
   【展示発表】                                            
     両日とも      
      第二中学校             






続きを読む
【関連する記事】
posted by 服部 高佳 at 10:00| 学校教育部担当理事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

生野コリアタウンへ行ってきました。

image001.jpgimage002.jpg


こんにちは。地域教育部長の木戸です。

11月27日、青少年クリエイティブセンターで行っている人権教育の一環で、生野コリアタウンを訪れました。この講座は、子どもたちが「人権のまち」としての大阪を知るとともに、異文化との出会いを通じて多文化共生についての理解を深めることを目的としています。


この日はNGOスタッフの方に講師をしていただき、伝統楽器であるチャンゴの演奏体験と商店街でのフィールドワークをさせていただきました。


image007.jpg image005.jpg image006.jpg      


講師の方の『ちがっていい。ちがいを認めていこう。』という言葉が非常に印象的で、現地の方々が「自分たちの文化を大事に受け継いできたこと」、「人と人とのつながりを大切にして毎日の生活を送ってきたこと」を参加者は感じることができたようです。子どもたちには、ぜひ、人を大事にする心を持って、今後、様々な社会貢献に励んでほしいと思います。


最後は、グループに分かれてコリアタウンを散策しました。お小遣いで家族にお土産を買ったり、お店の人と会話を楽しんだりと、みんなが充実した時間を過ごすことができました。

posted by 木戸 誠 at 09:45| 地域教育部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

第4回北大阪ミュージアムメッセが開催されました

image001.jpg


こんにちは、地域教育部長の木戸です。

 11月19日()、20日(日)の両日、国立民族学博物館で4回目となる北大阪ミュージアムメッセが開催されました。


北大阪ミュージアムメッセは、吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・島本町・池田市・箕面市・豊中市・能勢町・豊能町の北大阪に川西市を加えた8市3町に所在する54のミュージアムから構成され、現在、吹田市立博物館が会長をつとめる北大阪ミュージアム・ネットワークが主催したものです。


吹田市からは吹田市立博物館、旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)、旧中西家住宅(吹田吉志部文人墨客迎賓館)、吹田市立平和祈念資料館が参加しています。


image004.jpg image003.jpg


当日は、各館の展示ブースで、各ミュージアムの紹介や触れるハンズオン資料の展示、体験型ワークショップなどを博物館ボランティアの皆様の協力を得て展示するとともに、文化芸術イベントとして、吹田市地域無形民俗文化財の山田伊射奈岐神社太鼓神輿が披露され、お客様を魅了していました。また、神境町自治会からはだんじり囃子のレクチャーが行われ、見事な音色と普段は体験できない囃子の演奏体験を楽しんでおられました。


今後も、吹田市立博物館ではさまざまな連携による博物館の活性化を進め、ミュージアム・ネットワーク事業を通じて地域連携をさらに推進し、引き続き北大阪の文化資源の魅力を発信していきたいと思います。

posted by 木戸 誠 at 09:00| 地域教育部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

みんなで作ろう巨大料理 〜さつまいもとりんごの巨大パイ〜

image001.jpg


こんにちは、地域教育部長の木戸(きど)です。

11月19日(土)にゆいぴあ(吹田市立子育て青少年拠点夢つながり未来館)で、普段から利用している青少年などで構成されている青少年委員会が企画した『みんなで作ろう巨大料理』が開催され、「さつまいもとりんごの巨大パイ」作りに挑戦しました。


 初対面の参加者同士が自己紹介をし、その後、さつまいもチームとリンゴチームに分かれて、いよいよ料理を開始!

それぞれ皮を剥き、さつまいもは小さく切り電子レンジで蒸し柔らかくしてペースト状に、リンゴは薄く切り、砂糖で煮てコンフォートに。みんな積極的に参加し、協力し合って徐々に和やかな雰囲気になっていきました。

さつまいものペーストを均等にならし、リンゴのコンフォートを敷き詰める作業を終えると、見た目は既においしそうです。その上にパイ生地を格子状に並べ、2台のオーブンで焼いてみると、さつまいもの甘い香りや、艶のあるパイ生地に参加者は大盛り上がりで、巨大パイを取り囲み、記念写真を撮りましたが、みんなの笑顔が本当に輝いていました。


image008.jpg image003.jpg image004.jpg image005.jpg


今回の巨大パイ作りでは、年齢・性別も問わず、みんなで巨大なパイを完成させることで、力を合わせ、一つの事を成し遂げる達成感と感動を感じてくれたのではないかと思います。

posted by 木戸 誠 at 10:28| 地域教育部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

「千里ニュータウン今昔物語」を開催しました。

image001.jpg

こんにちは、地域教育部長の木戸です。

1123日(祝・水)、千里ニュータウンプラザ8階の多目的ルームで 吹田市立図書館が主催し、吹田市・豊中市千里ニュータウン連絡会議が共催で、講演『千里ニュータウン今昔物語〜アケボノゾウからエキスポシティまで』を開催しました。


 講師をされた吹田市立博物館の中牧館長は、千里ニュータウン最初の開発地佐竹台で見つかったアケボノゾウの化石の話、1960年代に、タケノコとウサギの里であった田園風景から田園都市「千里ニュータウン」へと変貌したこと、昭和41年に昭和天皇が展望台で視察(古代の国見)されたこと、現代では、「千里の竹あかり」や「千里キャンドルロード」など、千里ニュータウン内住民の交流を図り、未来へコミュニティの輪を広げるイベント(お祭り)も積極的に開催されていること、今後は、千里ニュータウンは、リニューアルタウンになり、永久に続くのでは、とお話されました。


参加者アンケートでは、「千里ニュータウンを文化的に語ると、また違った魅力が出てくると感じた」、「地域の歴史を知り、住民としての喜びと誇りを感じた」、「また、このような催しをしてほしい」などという声をいただきました。


image004.jpg image003.jpg


また、3階の千里図書館多目的室で開催された「千里ニュータウンミニ写真展」では、1960年代後半の写真が展示され、2階の千里ニュータウン情報館で開催された「千里ニュータウン秘宝展」では、ニュータウン建設当時、大ヒットしたカプセル型のお風呂の展示もあり、どちらも懐かしく、子どもの頃を思い出しました。

posted by 木戸 誠 at 16:01| 地域教育部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府警防技術指導会において第2位「優秀賞」を受賞

こんにちは。消防長の村上です。

平成28年11月25日(金)にうれしい報告がありましたのでお知らせします。大阪市消防局高度専門教育訓練センターにて開催されました「第4回大阪府下警防技術指導会」において、本市の西消防署警防第1係の分隊員4名が第2位優秀賞」を受賞しました!

       写真1.jpg


 本指導会は、消防隊に必要とされる、基本的技術(車両運行中の事故防止、ホース延長、的確な注水、自己の安全管理)や人命救助中の事故防止に着眼した訓練となっており、団塊の世代であるベテラン職員が大量退職し、若手職員増加で懸念される知識・技術力の低下への対応の他、府下消防本部間の連携を図ることを目的とし、平成25年度から開催され、本市から毎年消防隊1隊が参加しています。

 訓練の想定内容として、木造2階建て一般住宅の2階1室10u燃焼中であり、2階に要救助者が1名取り残されているとの火災想定で行われ、大阪府下から27全消防本部が出場しました。

 指導会の目的から、各隊員に対し訓練中の基本的技術等が確実に行われているか審査が実施されます。審査内容については600点満点からの減点方式となっており、各審査項目への抵触及び時間制限を超えた訓練を実施した際に、減点が実施されます。

       写真2.jpg

          写真3.jpg

 そのような厳しい審査項目、制限時間の中、大阪市消防局の最優秀賞に続いて、3分18秒の600点満点により第2位優秀賞を受賞しました。

           写真4.jpg

           IMG_1018.jpg 

                「優秀賞」の受賞を報告に来てくれました。


 この結果は、平素からの訓練の成果と考えますが、西消防署は、吹田市の消防署の中で最も訓練用地が狭隘で、庁内でこの訓練を行うには困難な状況にありました。しかしながら、下水道部のご協力もあり、南吹田の下水処理場に仮設の訓練塔を作らせていただき、厳しい訓練を実施することができました。このように本番に近い施設を作らせていただき、充実した訓練を実施できたことが一番大きかったと考えます。下水道部の皆様には感謝申し上げます。

                   DSC_0231.jpg

        DSC_0320.jpg  DSC_0327.jpg

               南吹田下水処理場での訓練の様子


災害はいつ発生するかわかりません。この結果に満足することなく日々、技術の向上を図り災害活動に対応していきます


posted by 村上博之 at 14:46| 消防長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

タンクローリー等の街頭検査を行いました!

こんにちは、消防長の村上です。

11月25日(金)の午前中、名神高速道路吹田IC入口において、消防警察高速道路関係者と合同でタンクローリー等の街頭検査を行いま した。

   PB250012.jpg

この街頭検査はガソリン等の消防危険物を積載したタンクローリーLPガス等の高圧ガスボンベを積載したトラックなど車両運行途上、法令違 反がないかを確認する一斉取締りです。


   PB250020.jpg

   PB250030_LI.jpg

      PB250044.jpg   

今回、車両自身に不備はなく安心しましたが、日々街中を走り回っている車両ですので、安全運行で事故等起きないことを願っております


posted by 村上博之 at 16:52| 消防長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

大阪府知事表彰



こんにちは、学校教育部担当理事の服部です。

11月8日、山手小学校の給食調理室が吹田保健所の推薦のもと、食品衛生関係優良施設として、大阪府保健衛生関係優良施設知事表彰を受賞しました。

  hat01.jpg
            
この賞は、大阪府で食品衛生や環境衛生関係等の向上に尽力し、その功績が顕著な、個人や団体、施設に授与されるものです。
衛生基準を保持し、施設・設備が優良であり、その維持管理が良好で常に他の模範となる食品衛生・環境衛生関係の営業所、集団給食施設、旅館などが対象となります。
                           
 hat02.jpg      

本年度は府内の施設で391施設が表彰されました。
吹田市の小学校では初めてのことです。山手小学校の給食施設は、平成7年度に造られたものですが、給食調理員や学校関係者の皆様が、日ごろから安全衛生管理を実践しているからと思います。

     hat03.jpg    
           (山手小学校の給食調理員の皆さんです)

これからも、安心安全でおいしい給食の提供に努めてまいります。



続きを読む
posted by 服部 高佳 at 18:02| 学校教育部担当理事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ひだまり空間」で遠足に行きました。

image003.jpg image001.jpg


こんにちは、地域教育部長の木戸です。


ゆいぴあ(夢つながり未来館)2階には39歳までの青少年やそのご家族対象の相談機関である『ぷらっとるーむ吹田』があります。


ぷらっとるーむ吹田では、『ひだまり空間』という居場所を設置しており、「人と関わりたいけど、どうしてよいかわからない」「新しい環境でのんびりと好きなことがしたい」「社会に一歩踏み出したい」などの想いを持っている方が、相談員と面談を重ねた上で登録を行い、利用されています。ひだまり空間では、園芸、クッキング、物づくりなど、さまざまな活動を行っていますが、今回は10月下旬に、遠足で池田市にある五月山動物園へ行きました。

image005.jpg


今回の遠足では、バスに乗って遠出をし、みんなでお弁当を食べ、動物たちと触れ合い、プラネタリウムを観たり、懐かしいシャボン玉遊びを楽しむこともできました。参加者同士の会話も弾み、思い出に残る楽しい秋の一日になったと思います。

ぷらっとるーむ吹田では、様々な悩みを抱えた青少年やそのご家族を対象に、相談や居場所、グループワーク、家族会、講座などを通じて、青少年の自立(社会参画)を支援し、悩みを解決するサポートを行っています。「気分が落ち込んだりイライラする」「人間関係がうまくいかない」「家族に気持ちをわかってもらえない」「家から外に出られない」などの悩みがある方は、まずは一度ぷらっとるーむ吹田にご相談してみてはいかがでしょうか。(※面談を希望の方は、事前に予約が必要です)

posted by 木戸 誠 at 14:44| 地域教育部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

「夢と希望を広げる出会い事業」を実施しました!

image001.jpg

こんにちは、地域教育部長の木戸です。

 今回の「夢と希望を広げる出会い事業」は、平成281118()、交流活動館において、「すいたええとこPR大使」の矢部美幸(やべ よしゆき)さんを講師にお迎えし、夢や目標を持つことの素晴らしさを伝えていただきました。


矢部さんは、吹田市出身で、お笑いコンビ、ナインティナインの矢部浩之さんのお兄さんでもあります。また、現在は、株式会社ラフェイスの代表取締役を務められ、執筆活動や講演など幅広くご活躍されております。

 講演では、お笑い芸人になりたかったこと、また矢部3兄弟がどのような経験を経て現在に至っているかなど、体験談を交えながらお話いただきました。


参加された方からは、

「矢部さんのお母さんの考え方が素晴らしいと思いました。自分の子どもが失敗して落ち込んでいるときも、子どもを信じて見守り続けるのは本当に難しいことだけれど、広い視野に立って育てられたからこそ今があるのだと思います。」

「失敗をたくさんされてきた中でのお話しだったのでわかりやすかったし、時間がかかってもしんどかったことを乗り越えられた話を聞いて勇気がでました。」といったご感想をいただきました。


最後に矢部さんは、「夢や目標に向かうことは、決して簡単なことではない。途中で挫折して目標を達成できないこともあり、失敗することもある。しかし、一生懸命がんばったということは必ず何らかの形で自分に返ってくるので、夢や目標を大切にし、自分のペースでがんばって欲しいです。また、地域で子どもを育てるということが少なくなってきた今だからこそ、声をかけて地域で子どもを育ててほしいと思います。」と参加された方々にメッセージを送られました。


最後に、ご協力いただきました第二中学校区地域教育協議会の皆さんには、たいへんお世話になり、ありがとうございました。

posted by 木戸 誠 at 16:30| 地域教育部長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする